LOG IN

FireTV Stick

by osho-3

トップの写真に息子の指が映りこんだがまあいいや。
結論としてこれはもっと早く買うべきだった。

内容物はこんな感じ。
電力はスティック本体にMicroUSBを利用して給電しているのだが、壁面のコンセントから三つ叉のタップを経由すると電力が足りないという事があり、導入に少々ハマった。
購入をしたのはCyberMondayあたりで、4~5千円くらいだったと思う。
無線LANが必須なので分かんなーいという人はLANケーブルを挿すだけのAmazon Fire TVが良いかもしれない。混線もしないので接続品質も無線に比べると期待できるだろう。
リモコンには音声認識機能が付いている製品もあるが、iPhoneのアプリで代用できるので必須ではないように思う。機械オンチな妻でも迷わないくらいにボタンがシンプルなのも重要だ。

さて、なぜ今まで買わなかったかというと、ChromeCastの熱問題などをよく目にしていたので埃が溜まりやすいTV周りにそのような機器を置くのは怖いなと思っていたのだ。それに加えAmazonPrime会員のメリットである動画コンテンツの有効活用を目指し導入へ決意を固めたのであった。

有効活用とは、子どもを黙らせるのは父親の威厳やおもちゃではなく、映像コンテンツである。おもちゃはそのうち飽きるが提供されている映像コンテンツはほぼ無限だ。
またHuluも契約しているので無限アンパンマンや無限仮面ライダーなども余裕であるしアプリとして連携されているので具合がよい。
ただ、Huluとの認証に毎回時間が掛かるのは改善に期待したい…

ふと注文履歴を見る機会があったのだがamazonを利用して10年経っており時の流れは早い。
初年度は年間で3件の注文だったのが2015年には101件となっていた。完全に骨抜きにされている。


osho-3
OTHER SNAPS